山窩(サンカ)と呼ばれる古代日本の文化を守り続けた謎の古部族をご存知ですか?

世界の事件簿・危険地帯・地域

日本古来の民族だと言われている山に住む謎の民族、山窩(サンカ)です。
狩猟や農耕の時代から、社会が形成され、争いが生まれ、外国と交流をしながら現代まで発展してきた日本。
そんな目まぐるしく変化してきた歴史の中で、社会に溶け込まず、山中で静かに暮らしていたと言われている集団のことを、皆さんはご存じでしょうか。

今回は、日本にかつて存在したと言われている漂泊集団「山窩(サンカ)」と、そのルーツについてさまざまな説をご紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました