世界の黒歴史である見世物「人間動物園」が闇深すぎる!

世界の事件簿・危険地帯・地域

人間動物園とは、過去に白人がアフリカやアジアなどの地域で行っていた、先進国人種の優越性を示すための、人間を動物園のように展示することを指します。

19世紀から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパやアメリカ合衆国などで人間動物園が開催されました。
アフリカやアジアの黒人や先住民などが、野生動物と同様に「未開の文化」や「野蛮な文化」とされ、人間動物園に展示されたり、フェアや博覧会などで見世物として扱われました。

このような人間動物園は、人種差別や文化上の偏見を助長し、人権侵害となることから、現在では社会的に非難されています。
また、多くの人々がこのような行為に抗議し、人権や平等を訴える運動が盛んになり、人権の尊重や文化の多様性を求める国際的な取り組みも進んでいます。

タイトルとURLをコピーしました