極真会館創始者の大山倍達の貴重な映像をご覧下さい。

極真会館創始者の大山倍達の貴重な映像をご覧下さい。 おもしろ映像

極真会館創始者の大山倍達です。
劇画『空手バカ一代』での主人公としても知られていますね。

【大山倍達】
大山倍達(おおやま ますたつ、韓国名: 崔 倍達〈チェ・ベダル、朝: 최배달〉、民族名: 崔 永宜〈チェ・ヨンイ、チェ・ヨンウィ、朝: 최영의〉、1923年〈大正12年〉6月4日 – 1994年〈平成6年〉4月26日)は、朝鮮半島出身の空手家。国際空手道連盟総裁・極真会館創始者。段位は十段。別名はマス大山。

1923年、朝鮮半島全羅北道に生まれる。
幼少の頃より拳法を学び、14歳で山梨少年航空学校に入学。
1938年9月15歳の時に空手を松濤館流の船越義珍に師事、その後松濤館流と剛柔流を主に学ぶ。

1945年、第二次世界大戦の終戦後、日本に渡り、空手道の普及に努める。
1957年、前年にバレエスタジオを改修した大山道場を池袋にオープンし、自身の空手道場を極真会と名付ける。

1964年、国際空手道連盟極真会館を設立。
極真会館は、フルコンタクト空手の普及に大きく貢献し、世界中に多くの支部を有するまでに成長した。

大山倍達は、豪快で情に厚い人物として知られ、生涯にわたって空手の普及と発展に尽力した。1その功績は、空手界だけでなく、社会全体に大きな影響を与えた。

大山倍達の功績は、以下のようなものが挙げられる。

* フルコンタクト空手の普及
* 国際空手道連盟極真会館の設立
* 空手道の社会への普及

大山倍達の死後も、極真会館は世界中に多くの支部を有し、空手道の普及に貢献し続けている。

タイトルとURLをコピーしました