フランス、パリの裁判所のタイムプラスが見ていられる。

おもしろ映像

パリの裁判所のタイムラスです。
どんどんできているのが楽しいですね。

【タイムプラス】
タイムプラスは、一定の間隔で撮影した静止画をつなぎ合わせて、コマ送り動画にする撮影手法です。
また、その手法で撮影された動画を指します。 日本語で「低速度撮影」や「微速度撮影」と呼ばれる場合もあるようです。

タイムプラスは、主に以下のようなシーンで使用されます。

* **自然の変化:** 日の出や日の入り、雲の動き、星空の変化など、自然の変化を捉えるのに適しています。
* **人々の活動:** 人々の行き交い、交通の流れ、建物の建設など、人々の活動を捉えるのに適しています。
* **工業プロセス:** 製造工程、工場の動きなど、工業プロセスを捉えるのに適しています。

タイムプラスは、通常の動画では捉えられない、時間の経過による変化を鮮明に表現できる撮影手法です。
そのため、さまざまなシーンで活用されています。

タイムプラスの撮影には、以下の機材が必要です。

* **カメラ:** タイムプラスは、静止画の撮影機能が備わったカメラであれば、どのカメラでも撮影できます。
* **三脚:** カメラを安定させて撮影するために、三脚は必須です。
* **インターバルタイマー:** 一定の間隔でシャッターを切るために、インターバルタイマーが必要です。

タイムプラスの撮影方法は、以下のとおりです。

1. カメラを三脚に固定します。
2. インターバルタイマーを設定します。
3. シャッターを切ります。

インターバルタイマーの設定は、撮影するシーンによって異なります。
例えば、日の出や日の入りを撮影する場合は、1分間隔で撮影するのが一般的です。
人々の行き交いを撮影する場合は、数秒間隔で撮影するのが一般的です。

タイムプラスの撮影には、ある程度の練習が必要です。
しかし、コツをつかめば、誰でも簡単に美しいタイムプラス動画を撮影することができます。

タイトルとURLをコピーしました