アルプスの一番高い山小屋カパンナ マルゲリータ(標高4556m)でアルプスの一番高い山小屋で一晩過ごす。

おもしろ映像

標高4556mの高さにある山小屋の「カパンナ マルゲリータ」です。
小屋と言ってもかなり過酷なようですが、下界の景色は最高ですね。

【カパンナ マルゲリータ】
カパンナ マルゲリータは、イタリア北西部ピエモンテ州のモンテ・ローザ山群にある、標高4,554mの山小屋です。
1893年にイタリア王妃マルゲリータの命名により建設され、現在はイタリアアルプス協会(CAI)が管理しています。

カパンナ マルゲリータは、ヨーロッパで最も高い山小屋であり、アルプス山脈でも最も高い位置にある宿泊施設です。
山小屋には、100人以上の宿泊が可能で、レストラン、バー、トイレ、シャワーなどの設備が整っています。

カパンナ マルゲリータへのアクセスは、アラーニャ・ヴァルセージアから徒歩で約5時間です。
また、ヘリコプターでのアクセスも可能です。

カパンナ マルゲリータは、登山やハイキングの拠点として利用されています。
また、山頂からのパノラマビューは、アルプス山脈の絶景を堪能できるとして、多くの観光客が訪れます。

以下に、カパンナ マルゲリータの詳細情報をまとめます。

* 所在地:イタリア・ピエモンテ州 アラーニャ・ヴァルセージア
* 標高:4,554m
* 建設年:1893年
* 管理:イタリアアルプス協会(CAI)
* 宿泊可能人数:100人以上
* 設備:レストラン、バー、トイレ、シャワー
* アクセス:アラーニャ・ヴァルセージアから徒歩約5時間、ヘリコプターで約10分

カパンナ マルゲリータは、アルプス山脈を代表する山小屋であり、登山やハイキング、観光など、さまざまな目的で訪れる人がいます。

タイトルとURLをコピーしました