5歳の女児が行方不明になった未解決事件「仙台幼児誘拐殺人事件」が恐ろしい!!

世界の事件簿・危険地帯・地域

仙台幼児誘拐殺人事件とは、1984年に宮城県仙台市で発生した未解決事件です。
当時、5歳の女児が行方不明となり、後に遺体が発見されるという悲惨な事件でした。

事件は、1984年5月13日に発生しました。
当時、5歳の女児が母親と一緒に近くのスーパーマーケットに買い物に出かけていましたが、帰り道で女児が行方不明になりました。
翌日、女児の遺体が市内の山中で発見され、誘拐殺人事件として捜査が開始されました。

事件は当初から大きな注目を集め、捜査は厳重に行われましたが、犯人は特定されず、未解決事件となっています。
事件の背後には、社会的な問題があったとされ、事件をきっかけに、児童誘拐・殺人事件の防止策が強化されることとなりました。

事件は、被害者の遺族をはじめ、事件に関わった警察や市民に深い傷を残した事件として、今なお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました