1968年12月10日に起こった未だ伝説となっている「三億円事件」の真相とは?

世界の事件簿・危険地帯・地域

三億円事件は、1968年12月10日朝、東京都府中市で金融機関の現金輸送車に積まれた約3億円の現金が白バイ警察官に扮した男に奪われた窃盗事件である。正式な事件名は「現金輸送車強奪事件」である。通称では「三億円強奪事件」と呼ばれる。

輸送車に積まれた約3億円の現金が白バイ警察官に扮した男に奪われた窃盗事件。犯人逮捕には至らず、1975年(昭和50年)12月10日に公訴時効が成立し未解決事件となった。

タイトルとURLをコピーしました