中国、江西省望仙市の崖に引っ付いた家!

中国、江西省望仙市の崖に引っ付いた家! おもしろ映像

中国江西省の上饒市の望仙渓です。
望仙渓は、峡谷、峰、巨岩、滝、そして数々の仏教寺院がありますが、その中でも、崖に引っ付いた家が有名です。
この崖に引っ付いた家は手作業で建てられたようです。
この映像ではこの崖に引っ付いた家の肺初家庭なども紹介しているようですが、中国語なので何を言っているのか分かりませんね。
映像だけお楽しみください。

【上饒市の望仙渓】
上饒市の望仙渓景勝地は、江西省上饒市鉛山県にある中国の有名な観光地です。
この景勝地は、険しい山々、深い谷、そして美しい自然に囲まれた、まさに絶景です。

望仙渓は、長さ約30キロメートル、幅約100メートルの渓谷です。
渓谷の両側には、高さ数百メートルの険しい山々がそびえ立ち、その間を清流が流れています。
また、渓谷内には、奇岩怪石や滝、洞窟などの自然景観が数多く点在しています。

望仙渓の代表的な景観としては、以下のようなものがあります。

* **天柱峰:** 高さ1,000メートルを超える天柱峰は、望仙渓のシンボルです。
その雄大な姿は、訪れる人々を圧倒します。
* **一線天:** 天柱峰の南側にある一線天は、幅わずか1メートルの狭い断崖絶壁です。
その迫力は、まさに絶景です。
* **仙人洞:** 天柱峰の北側にある仙人洞は、長さ約100メートルの洞窟です。
洞窟内には、鍾乳石や石筍などの奇岩怪石が数多く見られます。

望仙渓は、一年を通して観光を楽しむことができます。
しかし、特に春と秋は、気候が穏やかで、景色も美しいため、おすすめです。

望仙渓へのアクセスは、以下のとおりです。

* **鉄道:** 上饒駅からバスで約1時間。
* **バス:** 上饒駅からバスで約1時間。

望仙渓は、中国を代表する観光地の一つです。
その美しい自然と絶景は、訪れる人々を魅了し続けています。

【景勝地】
景勝地とは、景色の良い土地や場所を意味します。
具体的には、山や海岸、滝、湖、渓谷、森林、原野、遺跡などの自然景観や、歴史的建造物、文化的景観などが挙げられます。

景勝地は、観光やレクリエーションの目的地として、人々に親しまれています。
また、自然の豊かさや歴史の重みを感じられる場所として、心の安らぎや感動を与えてくれる存在でもあります。

日本には、世界中から多くの観光客が訪れる有名な景勝地がたくさんあります。
例えば、以下のような場所が挙げられます。

* 富士山
* 京都の清水寺、金閣寺、銀閣寺
* 奈良の東大寺、春日大社
* 北海道の知床半島、摩周湖、屈斜路湖
* 沖縄の万座毛、琉球村、美ら海水族館

これらの景勝地は、それぞれに独特の魅力があり、訪れる人々を魅了し続けています。

景勝地には、以下のような分類があります。

* **自然景勝地:** 山、海岸、滝、湖、渓谷、森林、原野など、自然の造形によって作られた景勝地。
* **歴史的景勝地:** 歴史的建造物や文化的景観など、歴史や文化に関連する景勝地。
* **観光景勝地:** 観光やレクリエーションの目的地として整備された景勝地。

景勝地は、その地域の自然や歴史、文化を象徴する存在です。
私たちの生活に豊かさと彩りを与えてくれる、大切な財産と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました